十三浜小指-八重子おばあちゃんの日記

十三浜小指は宮城県石巻市にある小さな集落です。八重子は大正8年(1919)生まれ。昭和24年(1949)12月から始まる日記。

激写~八重子日記

突然ですが・・・ これが八重子の日記だ! 所定の日付欄を無視して、びっしり詰め詰めに書いてあります。 写真のアップってこうやるんですね。 これからはわからない漢字があったら写真を載せてみよう。

昭和二十六年 七月十九日

七月十九日火曜 晴 今日はやっと家へかえった。 十五日ばかり石巻に居た。 五千円ばかりかかった。 ほし草刈りでお手つだいが来て終わった所でした。 天気つづきでとてもよいあんばいでした。 七月二十日水曜 晴 朝雨がふったのではやすみねへ大根まきにいっ…

昭和二十六年 七月六日

七月六日火曜 晴 今日は手を五日ばかりそのままにしておくので 家へかへった。 七月七日水曜 晴 さき山を二ばんした。 豆は日でりで、やっとおがって居た。 七月八日木曜 晴 朝さしみずへほし草を刈りにいってきた。 はやすみねに草取りにいったが、いもが枯…

昭和二十六年 七月一日

七月一日木曜 晴 やき山いも堀りをした。 ずいぶん大きくてよろこんでほった。 向ふの畠三枚から十九でた。 こちらから十一でた。 土も毎日の天気つづきでかんそうしてとてもよかった。 七月二日金曜 晴 いもほりをした。 はやすみねから二十ばかりでた。 七…

昭和二十六年 六月二十六日

六月二十六日日曜 晴 村で朝早くこんぶ取りをしたので 私はほしかたにいった。 田を見にいった。 いまのところはよいそうです。 六月二十七日月曜 曇 正子は青年団で川開を見にいってきた。 私はいもほりをした。 六月二十八日火曜 曇 わかめの赤羽とりをし…

昭和二十六年 六月二十一日

六月二十一日火曜 晴 若布の開口でした。 お天気がよくていいあんばいでした。 六月二十二日水曜 晴 私はほしかたをしないで、大工さんに手伝いをして 家かたつけをした。 六月二十三日木曜 晴 前山へなっぱ畠をかっぱむすりをした。 六月二十四日金曜 晴 わ…

昭和二十六年 六月十六日

六月十六日木曜 晴 田へ二ばん除草にいった。七人いって早くきめた。 帰りは相川のトラックにのってきた。 稲はとてもよかった。 六月十七日金曜 曇 桑畑をうない始めた。 さしみずへいった。 六月十八日土曜 曇 はやすみねへ桑畑うないをした。 硫安を少し…

昭和二十六年 六月十一日

六月十一日土曜 曇 さしみずへ小豆のきむくり。 小麦刈りをした。 田へ水見にいってはやくきた。 六月十二日日曜 雨 今日はやすんだ。大工さんが来て相川へいって うどんと油をかってきた。 六月十三日月曜 曇 おひるまへやすんで、あと桑畑へ馬でこやしをつ…

昭和二十六年 六月六日

六月六日月曜 曇 男の人達はかぜとりなので正子と二人ではやすみねを草取りした。 六月七日火曜 曇 妹と二人ではやす峯をきむくりした。 六月八日水曜 曇 今日もかぜとりです。 おひる前まできめた。 午後からさき山にいって小麦刈りをした。 夕方かみなりが…

昭和二十六年 六月一日

六月一日水曜 晴 今日は分家のむぎ打ちで二人いった。 私はかえしかたをしておひる食べてから さき山を入れた。 さき山は五だん二まるばかりいれた。 六月二日木曜 曇 家の麦打ちです。 興惣治叔父さんと富士男をたのんで夕方までかかった。 雨が降って少し…

昭和二十六年 五月二十六日

五月二十六日土曜 晴 さき山今日から麦刈りはじめた。 朝はやすみねを刈り終へた。 さつまいもを百うえた。 全部うえ終えた。 達夫は波伝谷(はでんや)の先生に手入に父といった。 (誤:波博谷→正:波伝谷 2013.1.1訂正) 五月二十七日日曜 晴 今日はおひ…

昭和二十六年 五月二十一日

五月二十一日月曜 晴 今日は田の草取りにいった。 モーターで六人いって早く終わった。 赤くなって、家のなは悪かった。 五月二十二日火曜 晴 あななぐちの麦刈りを分家からお手伝いをもらってきめた。 五月二十三日水曜 晴 今日は三人ではやすみねの刈り方…

昭和二十六年 五月十六日

五月十六日水曜 晴 せんたくをしてから麦刈りにいった。 午後からやき山にいった。 麦は不揃いで刈りにくい。 でもやき山は一たいにからびていた。 五月十七日木曜 曇 さしみづへ小豆まいてきた。 桑畑にはさんだ。 五月十八日金曜 晴 夜雨がふったので、さ…

昭和二十六年 五月十一日

五月十一日金曜 小雨 朝に麦を少しかり始めた。 さしみずへ小豆をまいた。 五月十二日土曜 小雨 家に居て相川へ砂糖買ひにいって来た。 達夫が手をやけどして大さわぎをした。 夜、小室の先生にいって来た。 五月十三日日曜 晴 小室へ手入にいって来た。 夕…

昭和二十六年 五月六日

五月六日日曜 小雨 いも苗をかいにいった。 夕方追波から千百本かって来た。 とてもよい苗でした。 五月七日月曜 晴 よいお天気でしたがいも植をした。 一人でした。 すばやの田植で正子がいった。 田仕事にいった。 五月八日火曜 雨 田へいって夕方ずぶぬれ…

昭和二十六年 五月一日

五月一日火曜 雨 小雨が一日中降ってぬい物をしました。 木綿五百円と二百七十円代買った。 七百七十円。 それにラヂオの料金百五十円(四・五・六)の 三ヶ月分支払った。 今日も千円支出した。 正子は今日かへった。 五月二日水曜 晴 正子は小泊へしらすほ…

昭和二十六年 四月二十五日

四月二十五日水曜 晴 今日も妹と二人で桑畑をうなった。 暑い日でした。 さしみずもう少し残った。 青年団はお昼前、いものきつかけにいった。 四月二十六日木曜 曇・小雨 わかめの口開です。 天気が悪いため、ほしません。 みんな袋へ入れた。 すばやへいっ…

昭和二十六年 四月二十三日

四月二十三日月曜 晴 さしみずへ桑畑ほりに妹と二人でいった。 四月二十四日火曜 曇 田へ土入れに八人いってきた。 なぎもよくていいあんばいでした。

昭和二十六年 四月十六日

四月十六日月曜 晴 いそへ行ってから、いもの中耕をした。 四月十八日火曜 晴 船でいそへいって、のりをたくさんとった。 今年は、わかめはやかましくて、とらない。 四月十九日水曜 晴 いそへいってきてから、二回目の予防注射をしてきた。 四月二十日木曜 …

昭和二十六年 四月十一日

四月十一日水曜 雨 しらす取りが出た。 今日はばけつ二つ分けた。 たくさんとれるようみんなまって居るのです。 妹がお産をした。 女の子ですが、母子ともに元気でなによりでした。 家のおばあさんが泊まったのです。 四月十二日木曜 雨 お母さんが岩出山か…

昭和二十六年 四月八日

四月八日日曜 (五月十三日) 晴 婦人会の総会でした。 母の日でしたのでとても意義ある会でした。 小学校長の祝辞にはほんとに感心させられました。 動く世の中に動く子供を育てる母の重大な任務がある。 四月九日月曜 晴 衛生検査のためみんなでかたつけ方…

昭和二十六年は1951年

今日は日記ではありません~ 八重子おばあちゃんの日記では春まっさかり、 のりぶつに学校行事に忙しそうな毎日です。 昭和二十六年は1951年。 60年後、東日本大震災が起きました。 2011年3月11日の津波で、 小指ではほとんどの家屋が流されま…

昭和二十六年 四月一日

四月一日日曜 晴 いそ後、さき山へ麦の草取りをした。 四月二日月曜 晴 いそへいった。正子は「きうり」を蒔いた。 私は草取りをした。 四月五日木曜 晴 今日はいそもの売りがみんないった。 のり二百枚ばかりもった。 いそへいってのりを少しとってきた。 …

昭和二十六年 三月二十八日

三月二十八日木曜 晴 学区民大運動会でした。 五月三日でお天気もよくてほんとに意義ある日でした。 ゆっくり見物して夕方かへった。 しばやでお茶のみをしてきた。 お母さんもうり方にいって帰った。 売上金 六千円也 三月二十九日金曜 晴 いそへいってのり…

昭和二十六年 三月二十二日

三月二十二日金曜 晴 いそへいった。後草取りにいった。 三月二十三日土曜 晴 いそへいってからのりぶつをした。 三月二十五日月曜 晴 県会議員の選挙で学校へいった。 私の一票は当選してとてもうれしかった。 (四月三十日) みそあせ。 三月二十六日火曜 …

昭和二十六年 三月十六日

三月十六日土曜 晴 いそへいってからきつかけをした。 やっと草取りを終へてはじめてした(あななぐち) 三月十八日月曜 晴 村会議員の選挙へおばあさんをつれて学校へいった。 三月十九日火曜 晴 いそから来て小泊へいれどきにいった。 いちばんおそかった…

昭和二十六年 三月十一日

三月十一日月曜 晴 はやす峯をうなった。 道路愛護デーで人夫が出た。 お昼前私一人でうなった。 午後からこやしをもらって蒔き方をした。 三月十二日 火曜 晴 残りをまいた。 正子は青年団のいも蒔きにいった。 うり方が帰った。 売上金高 五千三百円 三月…

昭和二十六年 三月七日

三月七日木曜 雨 夜からのふりつづきで大分ふった。 三月八日金曜 晴 朝からのりぶつをしておひるまでぶった。 お祭りで仕事はやすんだ。 おかへみんな売り方がいった。 曇ってのりはほし上がらなかった。 三月九日土曜 晴 いも畠をうなった。 やき山を一日…

昭和二十六年 三月一日

三月一日金曜 晴 磯の開口でした。 波立ちでしたが海苔はとった。 草取りに行った。 正子は分家へいもまきにいった。 三月二日土曜 雨 雨ふりでいそはやすんだ。 三月三日日曜 晴 いそへいった。大波でした。 でものりは少し取れた。 草取りにいって来た。 …

昭和二十六年 二月二十七日

二月二十七日火曜 お昼から小雨がふってきた。 正子らは明日の中学校落成式の準備で相川へいった。 どうも明日の天気が心配です。 月浜からお客さんが来てお昼をたべていった。 売上金高 二千円 二月二十八日水曜 雨 折角待ちに待った落成式も雨でひどかった…